ケータイ小説 野いちご

刻印を持つ古の巫女



「閑田さん今日は楽しかったです。
では日曜日も宜しくお願いします。」




「いえ、こちらこそ。」




う~、もうちょっと白君と遊びたかったのに~
てか日曜日って何かあったっけ?



「紗良。」



「何?」




「白狼と遊びたいならまたこればいいだろう?」




私の心読まれてる…。
でも…




「いいの!?」




「うん。」




「やったー!
じゃあまた来るね。
ばいばい!」




やったー!これからも白君と遊べるんだ。



「ウフフ、ウフフ。」



「紗良、なんかキモイぞ。
大丈夫か?」



「亜樹兄さん、心配はご無用。
大丈夫です。」



仕事がない日とことん遊んでやる!




< 31/ 280 >