ケータイ小説 野いちご

君色


「………」

先輩…黙っちゃってる…
怒ったかな…?

「なぁ?」

「はっはひ!!」

おもいっきり噛んだ……バカだ私!

「…俺、バカだから勘違いするよ?」

「…へ?」
勘違い…?
勘違いなんかじゃない……!!

「……先輩?…あのっ勘違いなんかじゃない…です………」

言っちゃった…
あぁ自爆かぁ
ぐっばい…私の恋。

「………マジでいってんの?」

先輩の目が真剣で本気だと言うことがわかる。

「…マジ……です…!」

「俺こんなんだけど?」

「こんなの…じゃないです!!私にとって先輩は最高!ですから…」

「……ありがとな?…俺も好きだった。」

私たちは晴れて両思いで付き合うことになった。


< 14/ 27 >