ケータイ小説 野いちご

君色




今日は冬休み前の大掃除の日。

私は一番やりたくなかった下駄箱掃除になってしまった。

ほんっとついてないなぁ…

しぶしぶ掃除をやっていると後ろから足音が近づく。

後ろを振り替えると先輩だった。

私がいま掃除してるのはちょうど先輩の下駄箱…の前……


「…ごめんなさいっ!!」

慌ててその場を離れようとした私に先輩は

「いいよ。そのままで」

と優しく声をかけてくれた。


容姿端麗。まさにその一言しかでてこなかった。


これがもしかして運命ってやつ…?

< 2/ 27 >