ケータイ小説 野いちご



つまらないな
平凡な授業も、異常しか捉えないニュースも


「次の問題だが―――河口。」

「はい。」


教師は黒板の前でチョーク片手に私達に視線を向ければ、私を指名した。

返事をし、立とうとするが…グラリと立ち眩みが起こる。
「大丈夫か?」と声を掛けられるも、何とか問いの答えを言い席に座る。


「河口さん、具合悪いなら無理しないで保健室行きなよ?」

「ん、ありがとうございます…でも中谷さんに迷惑は掛けられないので。」


前の席の中谷さんに小声で言われた言葉は、「授業サボりたいんだよね、上手く繕えよ」としか聞こえない。

柔らかく却下してみたら、案の定舌打ちされた。
何て分かりやすいの?


「……たくない」


再びグラリと目眩がする。
普段存在を主張する頭痛も更に強い物になる。


私は両目に手を宛がった。


「…おい、河口どうした」



教師が近付いて来る。

躊躇するまでもない、逝け。






私は、自らの両目を潰した。

< 1/ 5 >