ケータイ小説 野いちご

幽霊さんの日常手記

Student
settle down



と、取り敢えず、逃げなきゃ滅せられるかもしれな「落ち着け。」
ああああ腕掴まないで止めてニゲラレナイワタシ


腕を掴まれ更に混乱しているのを見て学生は溜息をつき、私を思い切り殴った。


「落ち着けっての、聞こえない?」


『ご、ごめんなさい…』


拳を固めたままニッコリと美少年スマイルを浮かべた学生に、私は痛む頭をおさえ今までの経緯を思い返していた―――――





< 7/ 41 >