ケータイ小説 野いちご

ずっとあなたを


放課後。
私達は学校近くのカラオケBOXに来ていた。
「あずも頑張って彼氏つくらないとだよ?」
私に彼氏なんて必要ない。
はっきり言って邪魔なだけ…
こんな事を言うと、なんで化粧してんの?とかいろんな質問がくる。
そんなこと私にもわからない。
なんでだろう。
なんで何もかも私の思い通りに行かないんだろう。
そんなとき私の世界に一つの声が入り込む。
「ねぇ。聞いてる?」
私は少しぶっきらぼうに答えた。
「何?」
花菜は私の顔を覗きこみ
「怒ってる?」
と、一言。
別に怒ってる訳じゃない。
ただ、私の思い通りに行かない世界に怒ってるだけ…
多分。
小さい頃からそうだった。
全部ママの言いなり。
この高校に入った理由もそうだ。

そんな事を考えてたらいつの間にか男たちが来た。
「こんにちはー。
遅れてごめんね。」
3人の男が私達の前に座る。

1人だけ雰囲気が違った。
彼の名前は聖夜。
なんだか胸がざわざわしたような気がした。


< 3/ 12 >