ケータイ小説 野いちご

君に夢中で恋してる*


ひゃああっ…!!


心の中で悲鳴を上げる。


どうにも気持ちが落ち着かなくて、辺りを何度も行き来した。


なんだか、短時間で色んなことが起こっちゃった…。


日向君と話す日が、こんなに早く来るなんて信じられない…。


嬉しいけど…


状況が状況だっただけに、すっっごく恥ずかしかったよぉ…。


日向君には、変な女子だな…なんて呆れられちゃったに違いない。


うぅ…。


印象は最悪だったよね…絶対。


嬉しさゆえに舞い上がる気持ちと、恥ずかしさゆえにどんよりと沈む気持ち。


心の中で複雑に絡み合う二つの気持ちを感じながら、またため息をついた。


とりあえず、家に帰ろう…。


勢いあまって、途中下車しちゃったことだし…。


カバンをギュッと握りしめて、私は次の電車を待っていた。




< 19/ 305 >