ケータイ小説 野いちご

恋の傷を癒すのは、恋?


恐る恐る声の主を確認する。



「伊原くん」

予想通りそこに居たのは、高校2年間同じクラスと演劇部の伊原くん。



手には軽く丸めた台本を持ち、視線は私がさっきまで見ていた方を向いている。



何故か入学当時から、ちょこちょこ絡んでくるんだよね。

そして、ちょっと意地悪。

でも、たまーに、優しい。



不思議な人。



「先輩に彼女できて、もう1年だろ? いい加減、諦めろよ!」



えっ?

驚いて伊原くんを見ていると、急にこっちを向いたので視線がぶつかった。



< 2/ 8 >