ケータイ小説 野いちご

たった一試合、君と私の甲子園

「友美、そのテンション
ウザいよ?」


「あらそう?
ごめんあそばせ。」


こいつ・・・

イラつく・・・


私はギロッと友美を睨んだ。



「ちょっと美優、
そんな怖い顔せんといてよぉ~」


誰がさせてんだぁ? ああん!?



「それより野球部の練習
観に行こうよっ!!」


「えっ!?」


「佐久間くんもいるよ?」


佐久間くん・・・

観に行きたい・・・



「あっ!! でもダメだ!!
私、保健委員の仕事で
行かないといけないんだ!!」


「ええっ~マジぃ~?」


何故か私は中学保健委員を
やってたというだけで
保健委員に任命されてしまったのだ。





< 29/ 222 >