ケータイ小説 野いちご

(短編)冷たい彼氏と毒舌彼女



『何?“桃倉くん”。』


『あ、いや・・・
さ、さっさと消えろ!』


ズキッ


『はいは~い♪今まで付きまとってごめんね~。こんなたらし野郎はこっちから願い下げじゃ!!ボケ。じゃあね。』


私は一樹に毒を吐き、教室を飛び出した。

向かったのは屋上。


バンッ

『ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・』

走って来たから
息切れが・・・


苦しい。

< 5/ 17 >