ケータイ小説 野いちご

たった一試合、君と私の甲子園

カキーン!!


あっ!!



『打ったぁー!!!
佐久間くんの打球は右中間へーっ!!!
打球はぐんぐんと伸びるぅー!!!』


行けっ・・・

抜けろっ!!


それは私が咄嗟に思ったことだった。



『しかし佐久間くんということで、
深めに守っていたセンター、
打球に追い付くかぁー!?』



いやっ、捕らないでっ!!


この打球が抜ければ、
宏大たちは勝ってしまうのに・・・



抜けて!!


勝てば紗奈が来るのに・・・


この想いが私の本心・・・?



『センター飛びついたぁー!!』



宏大と私だけの甲子園にしたいのに・・・



「抜けてぇー!!!」


私はそう大声で叫んでいた。




< 6/ 222 >