ケータイ小説 野いちご

やくざになった男達

組員さんに

「お義母さん、いますか?」

って聞くと――

「姐さんはリビングに頭と、おられます」

教えてくれた。

「ありがと。夏樹、行って来るね」

「あぁ」

あたしは奥の敷地内に向かった。

< 12/ 65 >