ケータイ小説 野いちご

やくざになった男達

ほんとに皆が温かい家族だからあたしは声を出すことが出来たんだ・・・

「奈留、もっと早く教えてくれてもよかったのに・・・ 

ママやパパが先だったなんて…

ナミやリクはわかっても…」

ブツブツ言ってる・・・

「ごめんね。郁が報告するって、隣同士だから、助けて貰ってるから・・・」

謝ったんだけど――――

納得してくれたかなぁ?

< 10/ 65 >