ケータイ小説 野いちご

咲『まぁ。うん。幼馴染みだから。で、帰っていい?』


創「えー。帰るの?」


咲『うん』


俊「用事あるのか?」


咲『んー?ない』


偲「ないんやったら、まだいたら?」


んー。


咲『ヤダ!』


篤「なんで嫌なんですか?」


えー!


理由言わないといけないの?


めんどくさっ!


咲『寝たいから』


俊「ここで寝ろ」


おい!


命令形かよ!

< 53/ 152 >