ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】








私がそう言うと、彼はニヤリと笑う。





「嫌だね。






家に帰ったら、もう離してやんない」











EnD

< 21/ 22 >