ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】


いきなりの大声に、男子生徒は離れて行き、彼は首を傾げた。




「別れたいなら、一言言いなさいよ!!」


「......」



「私がジメジメと未練たらったらに、別れを拒否すると思ったの?」



「ちょ、落ち着け。

誰も別れるなんて言ってないよな?」




男子生徒は私達のやりとりを聞いて、すべてを理解したらしく、気づいた時にはもういなかった。



でもその時の私は、そんなのも気にしていられないほど、周りが見えていなかった。




「ずっと、あんたの隣は...私だと思ってたのに....」


「.........」



「もぉ違うんでしょう?」




彼は泣いている私を見つめると、鞄から携帯を取り出した。




「呆れて、話も聞けないって言うの!!?」




彼は私の話には聞く耳を持たず、電話の人と話を続ける。



かすかに聞こえる向こうの人の声。


.........女だ。




「そこまで私を苦しめたいと!?」



「具合が悪いので、一回宿に帰ります。」


< 16/ 22 >