ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】



だから恋人だって。



その言葉を飲み込んで、軽く頷いた。




「先生?

集合の時間、間に合わなくなっちゃいますよ?」




彼の隣にいる教師が、彼の腕を掴みながら言う。



そんな一つ一つの行動に、イライラを募らせていた。




「あ、はい」




女教師はニコリと微笑むと、私に視線を合わせお辞儀をしてきた。




まるで“私の彼氏が失礼しました”と言うように。




「あの女教師、彼女面だな」


「.........」


「こっちも、彼氏面してやれば良かったか?」




私は俯きながら、堪えきれなくなった涙を隠すように、先輩に背中を向けた。




「おい、大丈夫か?」




先輩の手を振り払って、私はカゴと商品の存在を忘れ、ただ彼のいる店から出たくて、走り抜けた。




途中、修学旅行生にぶつかり、怪訝な顔をされたが気に止めることが無いくらいに、必死だった。




「先生....今ぶつかってきた人、謝りもしない最低な女性でした。

でも....泣いてた」


< 11/ 22 >