ケータイ小説 野いちご

中指斬残、捌断ち儀



夢で、良かった――


そうして現実ではもう起きなくなったことに、安堵し始めていた。


伯母さんがいなくて、“ホッとしていた僕がいたんだ”――



< 602/ 1127 >