ケータイ小説 野いちご

同居人はNo.1ホストー1ー213ページまで修正







どうせ家だってそこら辺にあるような普通の家に決まっている。




「……」




あたしは今、自分が見ている光景に言葉が出なかった。何故なら目の前にあるのは…タワーマンション。




そんな光景にあたしは思わず開いた口が塞がらない。




これって、金持ちとか芸能人とかが住むような家じゃん!?




ちらっと最低男を見るとオートロックを解除していた。




「おい、早く入れ。閉まるぞ」




そう言って最低男は、あたしを置いてマンションの中に入って行く。




「あ、ちょっと!待ちなさいよ!」




もー!ったく、あたしを置いてくなよ。







< 29/ 277 >