ケータイ小説 野いちご


「さっ、この服に着替えて。」

美奈子が可愛い花柄のミニワンピを手渡した。

美奈子と朱里は10センチ近く身長差がある。

「美奈子ちゃん、サイズ会わないと思うんだけど。」

「大丈夫。それ妹のだから。」

美奈子の妹は中3…。

複雑な思いで着替えると、ピッタリだった。

「次はメークね。」

美奈子が嬉しそうにメークポーチを開けた。

「ちょっと待って。メークは勘弁して。」

「どうして?デートだよ?」

いい子のふりして心を偽っているのに、外見まで偽りたくない。

でも…そんなこと言えなくて。

「なんか…皮膚呼吸できなくなる気がして
……。」

訳の分からないことを言った。

「はあ?爬虫類ですか。」

呆れる二人に頭を下げて、なんとかメークは口紅だけにしてもらった。

「最後はネイルね。」

裕子が朱里の手足の爪に淡い桜色のマニキュアをぬってくれた。




< 27/ 182 >