ケータイ小説 野いちご

花とキミ*春・夏




*花菜side


「やっと、付き合うことにしたのね。」

お祭りの日から数日後。
遊ぶ約束をしていた璃菜とカフェで
お茶してる時に言われた。

「やっとって‥どういうこと?!」

「どういうことって‥
そのまんまの意味よ。」

「え‥じゃあ‥
私と空哉くんが、その‥‥両想い‥
っていうか‥そんな感じだって
知ってたってこと?」

いまだに、両想いなんて
信じられなくて‥言葉にするのだって
戸惑ったのに、璃菜はあっさりと言った。

「花菜と海谷が両想いだなんて、
とっくに分かってたわよ?」

「‥‥ぇえーー?」




< 368/ 444 >