ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】



「悩み事か?」


「ま、まぁ…そんな所ですね…」



佐伯に苦笑いを向ける。




「恋愛絡みだろ。」


「えっ!?」


「…あ、図星だったか?わりーわりー!」


「当てずっぽうですか」



少し目を細めて睨んでみると佐伯はヘラリと笑いながら俺の背中を叩いてくる。


(…やっぱりコイツはどこか掴めない…)




そんな事を思っていると佐伯がおもむろに口を開いた。




「良いじゃねーか恋愛!
……最近お前の表情が柔らかくなった気ぃしてたんだよなぁ~…
そーかそーか、恋愛か」


「表情が柔らかい…?」


「あぁ。前まで他人の前ではずっと非を見せないでニコニコしてるような奴だった。

でも最近悩んでるような顔したり、困ったような顔したり…」




「表情が豊かになったよな!」




あぁ。


それは…


美勇のおかげだな…












< 92/ 100 >