ケータイ小説 野いちご

∮ファースト・ラブ∮


手鞠ちゃんは……泡になって消えてしまった。




救えなかった。



遅かった…………。











「手鞠ちゃん君は、馬鹿だ」


こんなどうしようもない、過去に縛られ、尚吾(しょうご)から害を加えられることだけに怯え、毎日、毎日、自分から逃げる臆病者を好きになるなんて……。


かけがえのない、大切な命を、こんなどうしようもない奴に賭けるなんて……。




「君は、どうしようもない、


大馬鹿者だ」





だが、君以上に馬鹿なのは、このぼくだ。



好きな人、ひとりさえも守ることができないなんて……。






< 234/ 278 >