ケータイ小説 野いちご

秘密恋愛




彼が携帯を操作している間もマナーモードのバイブ音が鳴り響く。



「煩いね。まったく……。てか、もう携帯は必要ないよね?」


「えっ?」



どういう意味?


別に携帯依存ってわけじゃない。


だけど、携帯は必需品で、ないと困る。



「必要、ないよね?」



再び彼にそう聞かれた。



「ねっ?」



語尾だけ言ってきて、なぜかそれが怖くて体がビクンと跳ねた。





< 23/ 318 >