ケータイ小説 野いちご

BEST LOVE





「あたし…かわいそうなんて思ってないよ!でも、迷惑だったんならしょうがないね。バイバイ。」



「………。」



「あたし、レイラちゃんに嫌われちゃった。」



「楓宇は悪くないよ。楓宇は友達になろうとしただけなんだから。」



「うん。」




今日は、最悪な日だった。


隼人は怒るし、

遅刻はするし、

レイラちゃんには

嫌われるし…


でも、1つずつ解決していかなきゃ

前に進めないよね。




「お母さん。あたしって変わったかなぁ?」



「急に何?まぁ、変わったんじゃない?」



「どんなとこが?」



「隼人くんと離れたぐらいからかな?毎日笑わなくなったし…なんでもすぐあきらめるようになっちゃったかな?」








< 10/ 183 >