ケータイ小説 野いちご

【完】続・王様は溺愛中。




「浅雛は授業サボってても点数取れるもんなー」

「あたしはそんな頭の持ち主じゃないので…」

「教えてもらえばいいんじゃん??浅雛の頭の良さは確かなんだから」

「…うん。前に勉強教えてって言ったんだけど」



郁はよく授業をサボって、生徒会室で寝たりしてることが多い。

付き合ってからはあたしもセットになったらしく、“おいでメール”が来ると“授業サボるぞ”という郁からのサインが来たということになるわけで。


ついていくのがやっとなあたしが授業をサボればさぁ大変。



「言ったんだけど、どした」

「……その…、“保健なら教えてやる”って…」

「あははっ!!!すごい溺愛っぷり」



だから郁に逆らってみたわけだけど…、

……やめた方が良かったらしい。


< 2/ 321 >