ケータイ小説 野いちご


もっと知りたい、たくさん。こんなふうに思うことは、おかしいのだろうか。

それでもいい。

思ってしまったら、たぶん止められないから。


でも、伝えることは

「好き」

と、伝えることは、できない。

臆病だな、俺は…。


俺は弱い――。




< 30/ 173 >