ケータイ小説 野いちご

きみを借りてみた。



心の中はテンパりまくってるのに冷静を装うあたしをよそに、先輩は余裕かましてつづける。


「唯歌ちゃんって彼氏いないの?」

「いやっ、いないです…」


急ですね先輩!


「え!?まじで!!
かわいいから絶対いると思った!」


「かわいくないです…」


余裕ですね先輩!!


「じゃあ俺唯歌ちゃんのこと狙っちゃおうかなー?」


狙っちゃいますかー。
ってはぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?

この人チャラいのか!?
クールに見えてチャラいのか!?


「あの、寝言は寝てからいいましょ?先輩」



そういうと先輩は吹き出した。


「あっはははははは!!!
その発言かわいさとおもしろさ増すだけだよ(笑)」



え、何この人…



「そんなことないです!!」

「そんなことあるから(笑)」






「えー、これで委員会は終わります。次の集まりは来週です。ということで解散。」






「狙っちゃうのはマジだから。
よろしくね、唯歌ちゃん♪」


あたしの耳元でそう囁いて先輩は教室をあとにした。








< 7/ 11 >