ケータイ小説 野いちご

◆兄貴の彼女◆






そんな俺、神埼夕斗はこの間から高校2年になった。




「お前は……美佳ちゃんという人がいながら!女だとー!」



まだついてくるし。
しつこいなぁ。



「あいつは彼女でも何でもないし、ただの幼馴染だし、だいたい、好きでも何でもない」


「あー!美佳ちゃん可哀相に……」


「なんだよ、それ。じゃ、俺寄るとこあるからじゃーな」


「次は絶対に連れてくからな!」


「永遠にパス」



そしてまた片手を挙げて、靴箱がある中央玄関に向かった。


ハァ……。
なんか最近やたら合コンだのカラオケだのって誘われるよな。
本当に、興味がない。

……今はそんな事考えられる余裕、俺にはない。




――ゴン!




「……いてっ!」

そう考えてると、頭に激痛が走る。



「なにすんだよ!……って、美佳かよ」

後ろを振り返ると、幼馴染の本庄美佳が立っていた。

さっき、クラスの奴が言っていた女だ。







< 11/ 86 >