ケータイ小説 野いちご

地味子が地味子である理由











『……ヒッ…クッ……』




『泣かないでよ美和』




『けん…ちゃ…ん…』



『…僕の大事な許婚が泣いていたら悲しいな…』



『…いいなずけ…?どういうこと…?』



『君がなかなか僕のものにならないから父さんに頼んだんだ…そしたらOKしてくれて美和の両親もすんなりOKしてくれたよ…』




父様?母様?私に一言の相談もなしでOKしたの?



『けんちゃん…私聞いてない…そんな話…』



『聞いてなくても決まったことなんだ』


『私言ったよね…!?けんちゃんとは幼馴染としてつきあっていきたいって!?』


『言った…確かに言ってた…』



『じゃあなんで…』


『僕はあきらめるなんて言ってないよ』












< 2/ 502 >