ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】



「んー・・・」




私が唸っていると。




「神田」




この声・・・




「・・・あっ。斉藤さん」





「今、ちょっといいかっ?」




なんだろぉ?




「はいっ。何ですか?」





「体は大丈夫か?」




「えっ?あ、はいっ。大丈夫ですっ」




「なら良かった。今日はお前に言いたい事がある。」





なんか沖田さんの時みたいなざわめき。





< 94/ 158 >