ケータイ小説 野いちご

《完》オフィスの華~若社長と秘書のHoneyな関係~

店に立てるような姿ではなく昼間の地味なカッコのまま…ミーティングに参加。



ミーティングを終えて、慌てて更衣室でドレスに着替える。









長い髪を綺麗に結い上げて…ナチュラルメイクの顔にハデなメイクを施す。



私のもう一つ顔。


ホステス・華に変身。



同僚がとても入れない…高級クラブ。



今まで…私の秘密を知る人間なんて現れるコトはなかった。







< 6/ 278 >