ケータイ小説 野いちご

つむじ風。


なぁ、博子。

俺たちはどうして
また出逢ってしまったんだろうな。

あの時、肩がぶつかっていなければ、
俺たちは何事もなく
それぞれの道を歩んでいたはずだ。

それなのに…

博子、おまえ、運命を信じるか?

俺は…どうかな、わからない。

運命であろうとなかろうと、
俺たちが再会したことで、
15年前に止まったはずの
あの時間が
あの想いが
動き始めたことは、紛れもない事実だ。

いいか、博子。

俺は組織の人間だ。

心に染まないこともやらねばならない。

俺たちの間に
たとえ偶然に細い道ができたとしても、
決して行き来することはできないんだ。

あまりにも世界が違いすぎる。

光と闇。
日向と日陰。

許してくれ…

まぶしく輝く世界に生きるおまえに

俺は闇の世界から

今、この穢れた触手を伸ばす…


< 72/ 192 >