ケータイ小説 野いちご

天神学園高等部の奇怪な面々Ⅷ

「ん?」

八鶴の言葉にクスッと笑い、少し離れた場所で秋帆をからかっているチカに視線を送った後。

「いくら私でも、本当に好きな相手じゃないとキスなんてしないよ」

真菜はそう言って目を細めた。







< 140/ 189 >