ケータイ小説 野いちご

天神学園高等部の奇怪な面々Ⅷ

どこかの軍隊なのだろうか。

物々しい警備。

早朝からこれ程の人数が集まっているとは尋常じゃない。

どこかのお偉いさんでも訪問するのだろうか?

興味はある所だが、一学生が兵士に訊ねても、きっと任務だからと教えてくれないだろう。

(ま、どうでもいいけどね…)

再び新聞に視線を移していると。

「おはようございます万里さん、早いんですね」

男の割には細い声が聞こえて、万里は顔を上げる。

「あぁ、秋帆…あんたこそ早いじゃない」

「いえ、僕は早起きじゃなくて寝ていないだけです」

蒼白い不健康そうな顔をして秋帆が言った。

食事は気が向いた時だけ、睡眠は眠くなったら。

秋帆はいつもそんな生活を繰り返しているらしい。

不健康こそ健康の秘訣とでも思っているのだろうか。

いつも血色のいい肌の色、日光浴こそ我が人生とでも言わんばかりの雛菊とは実に対照的だ。


< 102/ 189 >