ケータイ小説 野いちご

純恋〜スミレ〜【完】



答える声がわずかに震える。


すると、優輝はあたしの肩を掴んでゆっくりとあたしの顔に自分の顔を近付ける。


ありえない。


ファーストキスじゃないのに、どうしてこんなに緊張してんの?


自分でも不思議なくらい体がカチコチになる。


あたしはギュッと目をつぶって優輝の唇を受け入れた。



「……――んっ」


唇に触れた温かい感触。


優輝との初めてのキス。




その感覚をあたしはずっと忘れない。


いつまでも……永遠に。




< 124/ 487 >