ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】



「あれっ?僕は君たちの時代では有名なのかなっ?」



やっぱり・・・




「うぅ・・・ん、ここは?」




「あっ。千嘉っ!」




「京・・・うちらは・・・」




「江戸時代に、タイムスリップしたみたい・・・で、ここ新選組の屯所みたい」




目を見開く千嘉。
無理もない。




「新選組かぁ。いつ帰れるんだろぉ」




「当分、無理じゃないかなぁ」




「あんた誰??」





千嘉。




さすがに、あんた誰??はないよ。




「沖田さん。分かるよね?」







< 8/ 158 >