ケータイ小説 野いちご

ロンリーウルフ




一週間ぶりの母からの留守電。

昨夜の仕事中にかかってきたものだが、それを聞いて心の中で叫ぶ。

「もう電話せんでええわ」

起きて早々聞いた留守電は、大学生の娘に金を請求する電話だった。

実家は潰れる寸前の洋食屋だ。

数年前、父が脱サラして始めたものの、一向に軌道に乗らないのだ。

肉代が払えない?

4万円?

そんな店やめてしまえ。

何であたしがそんな店の尻拭いせなあかんねん。

つーかお仕事頑張ってってどないやねん。

あたしは学生やーいうねん。



< 153/ 238 >