ケータイ小説 野いちご

君を探して

夜のエレベーターは他に乗り降りする人もいなくて、すぐに1階に到着した。

「深月……」

「ん?」

「慎よりいい男なんていっぱいいるからさ」

「……うん」

「あんな女にフラフラするような奴、ほっとけ」

こんな時、いつもなら得意の毒舌で私のことを笑いとばすヤマタロが、今は優しい。

それがかえって辛かった。

「うん……ありがとう」

「早く帰らないと用事あるんだろ? じゃあな、おやすみ」

「おやすみ」


そう言うとヤマタロは駅の方へ歩き出した。

ヤマタロは、同じ路線だけど、駅は2つ離れている。

今からまた電車に乗って家まで帰るのだ。


ヤマタロが角を曲がってその姿が見えなくなると、私は大急ぎで1階に止まったままになっていたエレベーターに飛び込んだ。

上昇するエレベーターの中で携帯を開いたけれど、まだ新着メールは届いていない。

時間は21時57分だった。


ふぅ。間に合ってよかった……。



……って!

私ってば、何を安心しているんだー!?


< 68/ 308 >