ケータイ小説 野いちご

ハチミツ


…なんて、そんなかっこわるいことが言えるわけでもなく、今も俺はいらいらしている。




今は昼休み。



俺がちょっと他クラスのやつ等に会いに行って、帰ってくれば、これだ。


美桜の隣には関口っていう、美桜のことが好きな男子がいる。




美桜は自分が好かれてるなんて、微塵も思ってないだろうけど、それでも、むかつく。



そんな楽しそうに笑うなよ。



俺がじっと美桜を見つめていると、目が合った。

「玲央!お帰り!」


そう言いながら、満面の笑みでとてとてと俺に近づいてくる美桜。

なんなんだ。
この可愛い生き物は。


―――――――…

俺はそのとき、いいことを思いついた。


< 22/ 24 >