ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】




「八木邸…」


見垣は確かにそう言った。



「お前っ…新撰組なのか!?」



高杉はザッと立ち上がった。


高杉はこれほどなく幕府側の人間を嫌っている。



自分の大切な人を幕府によって消されたからな。



「高杉!!まぁ座れ。」


高杉は咳払いをして静かにもう一度座り直した。



八木邸か…


我らは新撰組に追われる身だ。


祭りで夜の警護が強くなっているはず…


今すぐに…は無理そうだな。













< 240/ 264 >