ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】




桂さんがこんなとこにいるなんて思わなかったなぁ…



じゃあ私を助けてくれたこの人も未来の大物!?



「なんだ?娘、小五郎と知り合いなのか?」



私はコクコクと頷いた。


…え?


私のこと娘って…?



「何を驚いている?」


隣の男はいたって普通の顔で聞いてきた。


「私のこと娘って…」


私がそう言うと桂さんがフハハハっと笑い出した。



「そんなの私にもわかっていたぞ?…アハハハっ…」


えっ?

私ってぜんぜん男装できてないの!?



「大丈夫だ。ちゃんと男性に見えるぞ?」

私の焦りを読み透かしたように隣にいる男が言った。
















< 238/ 264 >