ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】




そうしている間にも暗闇の中から次々と敵が襲ってくる。


「うぉぉぉぉっ!!」


ザシュっ!!



僕は手当たり次第に次々に斬っていた。



浅葱色の羽織りがどんどん赤に変色していく。



どうやら目が慣れてきたみたいだ、近藤さんが階段を上がっていくのが見えた。


後ろがら空き。

ったく仕方のない人だな。



近藤さん後ろから襲おうとしている浪士を慌てて切り倒す。


生々しい音をたて血がすべて僕に飛び散る


僕は刀をピュッと振り、刀についている血を払った。













< 183/ 264 >