ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】




「わぁ、キレイ…。」




私はその美しさに目をとられた。


なんだか和、って感じがする。





「でしょう?おばあちゃんの家に代々伝わるものなんだよ。」


「え、そんなもの貰っちゃっていいの?」




なんでこんな大事なものを私なんかに…





「いいの、いいの。おばあちゃんには桜ちゃんしかいないからねぇ」








おばあちゃんは笑っていたけど、すごく悲しそうだった。
























< 8/ 264 >