ケータイ小説 野いちご

「ねぇ。一緒に、寝てよ。」Ⅳ


至近距離で見つめ合う。

たった数秒だけど、俺には
刻が止まっているように
思えた。

するとありあが
立ち上がった。

呆れて帰ってしまうのか??

「ありあ??
変なこと言ってごめん。
風邪、ぶり返すから
もう帰りなよ。
今日は来てくれてありがと!!」

俺がそう言うとありあは
『帰らない。
今日はここにいる。』

え??

俺が固まっていると、
ありあが布団に入ってきた。


< 11/ 16 >