ケータイ小説 野いちご

神聖な羽



何故知らないのか
教えてやろうかとも
言わんばかりに
一斉に振り向く教師陣に
少したじろぐ。


中年の女教師が、
不自然なほど赤い口を大きく開けて早口で話す。


「創立者の相滝未五郎が創立した、
裏の風紀委員よ!
暴力や犯罪などを制す、
正義の味方なのよ!
そんなストイックな委員会に
女の子が申請するなんて」


「ヤノ ユノハ…
ヤノ レイの妹ですね。」
「美人兄妹で有名ですよねぇ」

やはり若い女教師ともなると
目を向ける場所が違う。

< 6/ 8 >