ケータイ小説 野いちご

君と私とときどき君と








山崎「ぐだぐだいうとる暇あるんやったらさっさと脱ぎやがれ。せっかく標準語使うてやっとんのに口うるさいガキやな。ほんまに。」



実瑠「喜んで脱がせていただきます。」



実瑠は身の危険を感じ、白いセーターに手を掛ける。






ωωωお着替え中だヨ☆ωωω






山崎「着物、きつくない〜?」


実瑠「ちょっと小さいかもだけど大丈夫です。」



山崎は慣れてるのか(悔しいけど)実瑠に欲情することなく手早く着替えさせた。
ガキは恋愛許容範囲外なのだろう。ちきしょー!





山崎「着付けすんだことだし、ふくちょーのとこ戻ろうか〜。」



実瑠「はい」




< 35/ 61 >