ケータイ小説 野いちご


「佐伯さんはいつも間に入ってかばってくれて、んで、あとですげぇ怒られるんだけどな俺」


「佐伯さんっていうんだ?」


「うん、俺勝手に懐いちゃって、仕事上がってからも、よく飯とか食わせてもらって、いろんな話をしたな」


樹はとても嬉しそうにその人の話をした。


「今でも?」


「いや、あの人はもう会社辞めちゃったからな…」


と彼は言った。



ふーん…。昔は尖がってたんだって。


今の人懐っこい笑顔からはちょっと想像しにくかった。


その佐伯さんって人も、きっと樹のことが好きだったんだろうな。




樹はそういう人だと思う。


明るくって優しくって誰からも好かれる人。


クラスにも一人くらいそんな男子がいる。





わたしとは…全然違う。



< 48/ 163 >