ケータイ小説 野いちご

シンデレラには、なりたくない!



「どうしたんですか?一体」


みんな、訳が分からずポカンとしている。


「今日、奈子の制服が破られた。誰か事情知らないか?」


「えっ!?」


ザワつく皆の中で、優実さんが一人、鼻で笑った。





< 213/ 357 >