ケータイ小説 野いちご

セカンドラブ



引越し&将太の試合の日がやってきた


「母さん これも持っていくでしょ?
これは?」


なんて言ってるとないはずの荷物は思ったより倍以上多かった


父さんはこの日は手伝うために家に居た


家族3人で過ごす最後の日


みんな口数は少なかった


あたしは楽しかったころのことを思い出して涙が出た


「穂香 いつでも神戸へ来ていいんだからね
編入もすぐにできるから」


「もー!!!それは大丈夫って言ってでしょ」


「だって泣いてるじゃないの」


「違うよ これは思い出し涙!!!
昔のことが脳裏に浮かんだだけ」


「まー いつでも母さんはOKだから」



そうして母は神戸へと旅立った


そしてあたしと父さんの二人暮しが始まった








< 38/ 217 >